■社 名 堀井電熱株式会社 
■所在地 〒661-0981 尼崎市猪名寺3丁目7番1号
■代表者 堀井憲彦 1956年3月生
■設 立 1956年3月
■資本金 3000万円
従業員 技術者4名 事務員3名 技術員及行員14名
■業 暦 1956.03. 会社設立 資本金400万円
1956
~1958.
設立当初より工業用電熱機器及装置の設計製造を専門とし、特にシーズヒーターは従来品を超越した工業用として、耐高温、耐震、耐衝撃、耐寿命を保持するための研究と改良を昭和31年中に完了し、住友電気工業向連続式電線光輝焼純電気炉及焼付炉の発熱体としてその真価を認められ及各種の工業用機器に使用されて、当業界に於ける最優秀品として漸次認められるようになって来たので、高級シーズヒーターと称して従来品を区別することとした。
1959. 当時はシェルモールド鋳造金型加熱用としては、カートリッジヒーター或いは、ストリップヒーター等が使用されていたのが該ヒーターは寿命が甚だ短く且つ高温には耐え得ず又金型に歪を大きく来たす等により、金型メーカー並びにユーザーは電気加熱方式に対しては困惑していた。 
某優秀鋳造機金型メーカーが当社のヒーターを知って其の解決策を申し出たので、当社は高級シ-ズヒーターの使用を決定的に推奨すると同時にその使用方法並びに高温度部分なるが故の適当な配線材料と配線接続方法等をも併せて指導し、国内に於いては高級シーズヒーターを使用したシェルモールド金型が初めて完成しその優秀さを業界より認知される様になった。
同時にシェル金型用片端子式シーズヒーター、鋳込式シーズヒーターをも開発しこれらを適用して従来品に比し長寿命と故障の激減並びに熱効率の上昇に依る設備電力の減少等に依り全く面目を一新するようになった。
1960. シェル金型温度は造形速度増進の要求に追随して漸次高温度が必要とされて来たにも拘わらず、高級シーズヒーターはその要求を満足せしめ以来シェルモールド業界より約30年に亘り引き続いたご愛用を頂いて居る。
1973. 食用油製造業界では従来脱臭工程に高圧蒸気又は加熱された熱媒体を通したパイプを油中循環させたいたが、パイプ破損に起因し熱媒の流出による公害のため一時社会問題を起こした。当社は独自の高級シーズヒーターを使用し、国内初めての電熱式食用油脱臭装置を開発し既に第一号機(160kw)は某油脂工場に於いて昭和49年2月以来好調連続稼動中である。
1978. メタロックヒーターを開発 高級シーズヒーターと耐熱鋼及特殊合金とを使用し、電熱体外表面温度800℃の高温度に使用しても耐長寿命、然も形状は単純な管状、平面状のみならず複雑形状であっても可能なため、各種の工業用に利用出来る画期的な熱媒体を完成し、商品名を「メタロックヒーター」とした。
1982. スーパーシーズヒーターを開発 従来シーズヒーターを電気炉の発熱体として使用する場合、その表面温度が850℃を限定としていたが、種々研究の末、1000℃に使用しても耐長寿命のシーズヒーターを完了し、商品名を「スーパーシーズヒーター」とした。
1983. 資本金1000万円に増資
1997. 堀井憲彦 社長に就任
2010.05. 三晃電気工業株式会社と業務提携
資本金3000万円に増資