電気炉用超高温スーパーシーズ発熱体
一般に抵抗式電気炉の発熱はニクロム線又は帯をコイル状か波状に加工し、炉内壁に設けられた溝の中又は炉内壁面に沿って数多くの絶縁支持物を使用して配列されますので高温度になっている発熱線の全周期は空気の酸化作用で次第に劣化します。即ち溝中配列の場合は発熱線突出防止用絶縁突起部が熱放散をさえぎり、壁面配列の場合は絶縁支持物に接している部分に於いて発熱線温度が局部的に高くなり寿命を縮めます。

超高温スーパーシーズ発熱体は多年の研究と経験をもとにシーズヒーターとしては驚異的な高温迄使用可能となし炉内雰囲気温度1000℃に於いても使用できる画期的な発熱体です。

構造上内部発熱線が酸化することなく又配慮された金属支持金具を簡易に使用することによってシーズ表面の局部的高温部分の発生を無くして長期使用することが出来ます。


構造
耐熱端子棒にコイル上に捲かれた発熱線が特殊接続されたものを、高温耐熱金属管内の中心部に確実に保ちながら、管内の全空間部に厳選処理された熱伝導の良好なマグネシアを充填し、鋳造圧縮減径加工することにより内部絶縁物を高密度に圧縮固化し同時に内部の空気を廃出した構造になっています。

特徴
1.炉内雰囲気温度は1000℃の連続使用可能なので炭化硅素発熱体に  代わって一部使用できる。
2.炭化硅素発熱体のように折れる心配はいらない。
3.炉壁貫通部の熱損失が少なく設備費、維持費が軽減できる。
4.漏洩電流が少ない。
5.長期間使用しても電気抵抗が一定で発生ワットが変わらない。
6.棒状、U型、W型、其の他の形状を選択できる。
7.結線がし易い。
8.荷造運搬がし易い。

用途
1.電気炉 保温保持炉 ロータリーキルン炉
2.焼付炉 乾燥炉
3.高温輻射式機器 遠赤外線機器
4.熱風発生炉
5.作業場における局所暖房機器
6.其の他


形状方法