■特殊鋳込式高温用メタロックヒーター

通常鋳込式ヒーターはシーズヒーターをアルミニウムか黄銅に鋳込んだ方式のものが多く使用されていますが、
使用可能なヒーターを温度の限度はアルミニウム鋳込品で約350℃黄銅鋳込品で約450℃ですが、温度が高くなるに従い劣化が促進します。しかも被加熱部分と接触状態が良好であることを必要条件とするため鋳込後の旋盤やその他の機械加工の際は厳しい寸法公差に仕上げなければなりません。又鋳込時に難しさを伴う鋳鉄鋳込品でも550℃を越えると酸化によって劣化します。

当社は先陣を切ってこれらの通常鋳込ヒーターを製造するかたわら、より高温度で然も赤熱900℃状態にても使用可能な画期的特殊鋳込式メタロックヒーターを開発して以来既に数千個の納入実績を有しご好評をいただいています。

メタロックは当社商品名の一つです。

■構造
夫々の形状に適合するよう曲げ加工された超高級スーパーシーズヒーターが熱伝導良好な特殊合金に鋳込まれ
その外周面はステンレス系耐熱金属に覆われておりますので、ヒーター外面温度が900℃状態でも劣化が少なく長期使用に耐える構造になっております。

■形状
棒状 平盤状 中空管状 中空管二つ割状 複雑形状

■特徴
1.ヒーター表面温度最高900℃迄使用出来る。
2.他の鋳込ヒーターより表面電力密度(w/c㎡ )を大きくできる。
3.長寿命に耐える。
4.振動衝撃に強い。
5.棒状品は直径17.5より相当大径迄長さ50~1,500mm迄広範囲に選べる。
6.マンドレル金型に使用する際穴径寸法の公差を大きくできる。
7.金型等複雑な形状のものでも或程度対応できる。
8.ヒーター端子と耐熱可撓リード線との接続部は高温耐熱である。

■用途
・反応箇の高温加熱又は保温
・配管部の高温加熱又は保温
・シェルモード金型の高温部特にマンドレル型
・ボルトヒーター
・ガラス曲加工用電気炉
・高温エアー発生機、加熱器
・浸漬けヒーターの内部高温発熱体